月額400円で利用できる『Amazonプライム』が神すぎる

どんな特典があるの?Amazonプライム会員のメリットを解説

水泳ゴーグルのレンズが曇る!そんな時にはスワンズのくもり止めがおすすめ!

水泳

ゴーグルのレンズが曇ってストレス……どうにかならんの?

どうも、現役水泳部員のだすたに(@dasutani)です。

 

泳いでるうちにだんだん曇っていくレンズ。いちいち顔から外して水につけるのは面倒ですよね。

そこで今回は、水泳ゴーグルのレンズが曇るのを防ぐ、スワンズのくもり止め液を紹介していきます。

 

レンズに塗るだけで曇らなくなるので、ストレスなく泳げるようになりますよ♪

スポンサーリンク

使い方は簡単です。

 

くもり止めの使い方

  1. レンズの内側に、二滴ほどたらす
  2. 容器の先のスポンジで液をのばす
  3. プールの水で軽くすすぐ

一気に3,4時間泳ぐ人は、レンズの外側にも塗ると効果的です。

発売元は安心と信頼のスワンズ(山本光学)

発売元のスワンズは、日本で生まれた創業100年以上の老舗です。山本光学、と言えばピンとくる人もいるのではないでしょうか。

 

サングラスや水泳ゴーグルを開発している会社で、プロにも愛用されている商品も数多くあります。

 

やはり目に近いものなので、安心できる会社がいいですよね。

くもり止めのメリット・デメリット

くもり止めのメリット

世界が変わる

いきなり壮大なこと言ってますが、これはマジです。

私がくもり止めを使い始めたのは小学4年生でしたが、使ってみて本当に驚きました。こんなにプールってきれいなのか!?と興奮し、ますます水泳が好きになりました。

くもり止め、やばいです。世界が変わります。

タイムが上がる

レンズが曇らなくなるとストレスが無くなって思いっきり泳げるようになります。そのけっか、タイムが上がるというわけです。

 

タイムが伸び悩んでる……という人はぜひくもり止めを試してみましょう!

ストレスが無くなる

ダイエットのために水泳を頑張っている、という方もいるでしょう。そんな方にぜひおすすめしたいですね。くもりのイライラがなくなるので普段より楽しく泳ぐことができます。

くもり止めのデメリット

小さいのでなくしやすい

人差し指ぐらいの大きさなので、ロッカーに置いておいたのに見つからない!みたいなことがよくあります。

そんな時はホルダー付きのゴーグルケースに入れるのがおすすめです。

いちいち泳ぐたびに塗る必要がある

これは仕方無いですね。ただ、泳ぐたびに使うからすぐなくなる、というわけではなく、内容量がかなりあるので、週5で使っても1年は持ちます。

すすぐのに時間がかかる

液を伸ばしたあと水ですすぐんですが、これが結構時間かかります。

なので、更衣室の水道を使うといいでしょう。

まとめ

全スイマー必須の商品だと思います。

泳ぐ前にちょっと塗るだけなのに、効果は絶大です。

あなたも使ってみてはいかが?

コメント