月額400円で利用できる『Amazonプライム』が神すぎる

どんな特典があるの?Amazonプライム会員のメリットを解説

学校の授業は効率悪い!3つの理由と解決策

勉強

どうも、現役中学生のだすたに(@dasutani)です。

 

今回は、なぜ学校の授業は、効率が悪くて意味がないかについて記事にしました。

 

毎日受ける授業。苦痛ですよね。

 

あれって先生の話が面白くないのもありますが、そもそも授業自体が効率の悪い学び方だからなんです。

この記事を読めば、学校の授業に不満を感じているあなたも、なぜそうなのかが理解できるはずです。

スポンサーリンク

成績が悪い子に引っ張られる

クラスの中で異様に成績が悪い子っていませんか?

 

先生が「ここの答えはどうなりますか」って聞いたら、ひたすら黙ってうつむいてる子。

 

はっきり言って、その子にかまっている時間は無駄です。

 

先生としてはその子にも成績を上げてほしいと思っているかもしれませんが、他の人にとっては正直どうでもいいですよね。ちょっとひどいですがその子を置いてけぼりにして授業を進めたほうがマシです。

 

学校の授業では、理解が遅い子に足を引っ張られてどんどん貴重な時間を浪費していきます。

無駄な話が多すぎる

無駄な話が長い先生ってときどきいますよね。社会の先生とか歴史の授業になるとちょいちょい小話を挟んできます。それテストに出ませんよね?

 

教師としても、なんとか授業の内容を印象付けようと頑張っているようですが、正直帰った後にはもう忘れてます。

 

こういう無駄な話で時間を浪費するから、中身の薄い授業になるんです。

一時停止や早送りができない

『ときどき他の人はわかってるのに自分だけ理解できない』っていうことありますよね。

 

そんなとき、もし授業がYoutubeの動画だったら一時停止してじっくり考えられますが、実際見ているのはスクリーンではなく『今』やっている授業です。

先生に「ちょっと待って下さい」なんて言っても待ってくれません。なぜなら、教師は生徒ひとりのために教えているのではなく、クラス全体30人に対して授業をしているからです。

 

また、学校の授業は人間が行っているので、話す速さは調節できません。先生の声がいきなり2倍速になったらびっくりしますよね。

 

しかし、意外と声は2倍速にしても聞き取れます。

 

これはつまり、早送りが出来れば2倍の速さで学習を終わらせることができるということです。大幅な時間の短縮ができます。

 

かといって、現実の時間を止めることや、早送りすることはもちろんできません。

ではどうすればいいのでしょうか。

解決法:映像授業サービスを使う

インターネットで授業を動画で受けられるサービスがあります。一時停止や早送りもできるので、自分のペースで学習を進めることができます。

 

主要なサービスを貼っておきます。無料ですよ。

ハイジのCMで有名な「家庭教師トライ」が配信しているアプリです。
家庭教師をやってるだけあって授業動画の質は高めです。

毎日7時頃から授業の生配信をやっています。
コメント欄で直接先生に聞けるのでわからないところが残りにくいです。
もちろん普通の授業動画も見られますよ。

 

また、スタディサプリという映像授業サービスもあります。有料ですが、質の高い授業で評判みたいです。本気で点数上げるならここですね。

まとめ

今回はなぜ学校の授業が非効率なのかについて書きました。

映像授業を使えば、効率的に学習を進めることができます。

ぜひ使ってみてください。

コメント