月額400円で利用できる『Amazonプライム』が神すぎる

どんな特典があるの?Amazonプライム会員のメリットを解説

【不登校が語る】不登校がつらい3つの原因と、その対処法。

不登校がつらい!でも学校行っても辛いし……もう死にたい……

どうもです。不登校中学生ブロガーのだすたに(@dasutani)です。

 

不登校ってつらいですよね。毎日自分が生きてる意味を模索しながら過ごしてる感じです。

 

”世間からみれば”いいものではありませんから、親に毎朝説教をくらう……なんてこともあるでしょう。

 

僕もそんな感じで、毎日落ち込んでいました。

 

今日はそんな人(過去の僕もふくめて)のために、不登校がつらい3つの原因とその対処法をまとめてみました。

 

毎日の苦しみから抜け出したい……と思う方はぜひ読んでいってください。

スポンサーリンク

まずは原因を探ろう

なにごとも原因がわからないと対処できません。というわけで『不登校がつらい理由』を探ってみましょう。

 

用意するのは紙とペンだけです。

 

で、用意した紙につらい原因を書いていきましょう。

 

心に問いかけます。

「自分はなんでつらいと思ってるんだろう?」

 

思い浮かんだものは大小関係なく書いていきましょう。だれかに見せるわけでもないので自分が読めれば汚くてもOK。

 

これは”筆記療法”といって、心理学の世界でも有名なやつです。

 

つらい原因を書き出すのにはちゃんと意味があって、

・ワーキングメモリがリセットされる(要するに悩みが頭に浮かんでこなくなるってこと)
・つらい原因がひと目でわかる

っていうメリットがあります。一石二鳥ですね。

 

というわけで原因がわかったら、それに対処していけばOKです。

 

とはいっても難しいので、よくある原因への対処法を書いていきます。

 

具体的には、

・罪悪感(悪いことをしている、という意識)がある

・居場所がないと感じる

・将来への不安がある

の3つです。興味のある人は読み進めてね。

罪悪感がある – 学校に行かなくてもいいと認めてみる

不登校がつらい原因の一つに『罪悪感』があると思うんです。

「学校に行かない僕はなんて情けないやつなんだ……」

と思っているかもしれません。
そんな人は、まずは「学校に行かなくてもいいんだ」と認めてみましょう。
別にこれは、悩んでいても仕方ないから、という理由だけではありません。

 

実際に「不登校でもいい」のです。後述しますが、不登校は将来お金が稼げない!みたいなことはありません。

 

幼い頃から学校には行かなくちゃだめ・普通は行くものだ、という考えを周りの大人が持っていたから勘違いしていたかもしれませんが、別に学校に行かなくても良いのです。

学校に行かなくなったからと言ってその瞬間死んでしまうわけでもありませんからね。よくよく考えてみれば人間は食べ物と水と酸素が必須なだけで、学校がなくても死にません。もしそうだったら学校がない原始時代の人は全員死んでます(笑)

 

いまはすごい時代なので、学校に行かなくても授業を受けられるサービスもあります。スタディサプリってやつです。月980円で授業が見放題。これを使えば学校なんて行かなくても余裕で勉強できます。

 

というわけでまずは「学校に行かなくてもいいんだ」と自分を認めてみましょう。これだけでも心が楽になりますよ。

居場所がないと感じる – 自分を受け入れてくれそうな人と話す

「親からは毎日説教されるしたまに来る先生もなんとか連れ戻そうとしてくる。僕の居場所はないのかな……」

と感じる人は、自分を受け入れてくれそうな人と連絡をとって話しましょう。愚痴をぶちまけましょう。「先生がうざくてさ〜マジで死んでくれないかなw」とか。

あの人なら共感してくれそう!みたいな人です。

例えば、
・おばあちゃん・おじいちゃん
・いとこ
・友達

とかですね。

でないと、「学校は行くべきだよ!」みたいに言われて余計メンタルが傷つきます。

LINEでもいいですが、電話で話すとより楽になれると思います。声なのでより人の温かみに触れられるからです。ただ、話してるうちに泣いちゃう可能性が高いので、涙もろくなってきたら必死に隠しましょう。

 

そんな人いないよ!気恥ずかしくて会話なんかできないよ!という人はSNSで同じ不登校の人と連絡をとってみてはどうでしょうか?
Twitterなんか「不登校 中学」「不登校 高校」とか検索すればいっぱい出てくると思います。

ちなみに、僕に話しかけてくれてもいいですよ(笑)DM送ってくれれば返信します。
だすたにのTwitter

 

居場所がなくても、自分を受け入れてくれる人は多分いると思います。親や先生なんか世界人口70億人に比べればちっぽけなものです。

 

というわけで自分を受け入れてくれそうな人とお話してみましょう。

将来への不安がある – お金を稼ぐ方法を探す

「今はいいけど、このまま不登校のままで将来大丈夫かな……」

と将来への不安がある方は、ずばりお金を稼ぐ方法を探しましょう。

将来への不安というのは、要するにどうやって生きていくか、ということですよね。つまりお金の心配なわけです。お金を稼ぐことができれば将来への不安はすべて解決するわけです。

 

お金を稼ぐには主に2つの選択肢があります。
・会社に行かずに仕事をする
・会社にでみんなと一緒に仕事をする
の2つです。

じゃあ、どっちが良いのかって言うと、断然「会社に行かずに仕事をする」の方です。人間関係が原因で不登校になった人が多いと思いますから、極力人と合わないようにすれば良いわけです。

 

今の時代インターネットが発達しているので会社に行かなくても仕事はできます。

具体的には、
・Youtuber
・ブロガー
・イラストレーター
・プログラマー

とかが稼ぎやすいと思います。詳しく知りたい方は「Youtuber なりかた」みたいに検索してみてください。

で、不登校って時間が余ってますよね。なのでなりたい職業になるための努力を今から始めてみましょう。学生の頃から始めていれば、相当な実力がつくと思います。僕もこういうブログを書いてお金を稼ごうと日々試行錯誤中です。まだ1000円ぐらいしか稼げてませんがw

というわけで、将来への不安があるならお金が稼げるようになるための努力をしてみましょう。

まとめ

「今日は不登校がつらい」と思っている人に向けて記事を書きました。

 

 

でした。

 

つらく感じて毎日ネガティブに生きるのは超もったいないので、つらい原因を探ってつぶしていきましょう。

 

それじゃバイバイ!

コメント

  1. 匿名 より:

    あなたの記事を読んで心が軽くなりました
    ありがとうございます😊
    お互い頑張りましょう