月額400円で利用できる『Amazonプライム』が神すぎる

どんな特典があるの?Amazonプライム会員のメリットを解説

【定時に上がる】タスク管理の具体的なやり方

タイムマネジメント
どうも、だすたに(@dasutani)です。
 あなたはタスク管理してますか?
これをするかしないかで大きく仕事の能率が変わります。
今回は、「もっと効率よく仕事をする方法は?」という方や、「そもそもタスク管理ってなに?」
という方でも、明日から実践できるように、タスク管理とは何か?ということを、効率オタクの私が解説していきます
スポンサーリンク

タスク管理とは

タスクとは簡単に言えばやることです。

 

つまり、タスク管理とはやることを管理する、ということなんです。

紙に書き込むのはオススメしない

今やることをまとめるだけならそこら辺の紙切れに書きなぐればいいだけの話です。
でも、それだと紙をなくしてしまったり、後で自分がどんな仕事をしていたかを振り返ることなどができません。
そこで、私が使っているツールがTodoistです。
Todoistは、無料で使えるタスク管理サービスです。
グーグルアカウントやフェイスブックアカウントを使えば、簡単に登録できます。
もちろん、上記のアカウントを持っていない場合は、メールアドレスでの登録もできますよ。
年3500円で、個人向けのプレミアムプランに入入ることもできます。
ラベルやリマインダーを使えるようになり、より管理が楽になりますが、ひとまずは無料版で十分でしょう。気が向いたら乗り換えるのがいいでしょう。

Todoistの使い方

Todoistの使い方は簡単です。
ログインしたら、トップページから『インボックス』にタスクを追加します。
タスクごとに、
・いつやるか
・優先度
・どのプロジェクトに入るか
などを設定することができます。便利ですね。

プロジェクトって何?

先ほど、タスクを追加する時は、どのプロジェクトに入るかを設定できると書きましたが、
そもそもプロジェクトとは何かというと、パソコンでいうフォルダのことです。
写真や文書などをフォルダごとに分けておくことで、
後で確認しやすくなったり、必要なときにどれを見れば良いかがひと目でわかりますよね。
それと同じで、あらかじめプロジェクトを作っておき、その中にタスクを入れることで、整理が楽になります。

まとめ

今回は、仕事の能率を上げる『タスク管理』と、
それを更に加速させる、『Todoist』について紹介しました。
仕事の進捗状況を管理したり、勉強のノルマを設定したりと、いろんな使い方ができます。
ぜひあなただけの活用法を見つけましょう。
集中力を極限まで高めるテクニックはこちら

コメント